東三河高校生軽音部

「学校に軽音楽部が認可されないのであれば、校外に地域の軽音楽部を作ってしまおう」

今日発表するのは、豊橋市周辺の高校生に向けた「地域の高校軽音部構想」です。
β版としてのシステムを立ち上げる為の部員募集をスタートします。

インターネットの普及で、全国の同好者と連絡がとれるようになった反動として、地方に住んでいる人が地元で同年代の同好者を探すことが困難になっているように見えます。
高校生は楽器の技術や、音楽を吸収する重要な時期。その時期をローカルの楽器店が媒介として、音楽の広さを知ることが出来るコミュニティが作れたらと思います。
発表の場としては、既に行われている高校生バンドバトルを基本にしますが、その他、部で主催するイベントを運営していきます。

部員登録は無料ですが、高校生であるという制限があります。

例えば、どのくらいの熱量で部活に参加したいかは、個人により異なります。そのためにクラスを分けて「もっとやりたい・少し休みたい」に対応したり、従来の学校の部活では難しかった事も可能だと思います。部会をどのくらいの頻度で行うか、どの様な連絡手段が最適かなど、実際に人が集まっていってから決めたほうが良いことが多いので、部員を募集しながら決めていきます。

ローカル&ネットのハイブリッド活用による、これからの部活の形として、学校の顧問問題など色々ある中、いろいろな人を巻き込める要素がたくさんあり、とても面白い形になるのでは?と思っています。

*送信してもメールが届かない場合は、メールアドレスの間違いや、迷惑メールフォルダに入っている可能性があります。

登録いただいた個人情報は、この部活の運営のみに使用し、外部への譲渡などはしません。

東三河高校生軽音楽部で行ったイベント

高校生バンドバトル(定期開催)

高校生しか出演できない高校生しか見ることが出来ないライブイベント。来場者にいちばんグッと来たバンドを投票してもらうバトル形式です。照明やPAも高校生で行います。
(出演は高校生であればOKで、部外の人も出演できます。)

部会(定期開催)

これからどんな活動、制作をするかを考えたり、そのためのメンバーを決める部会。

夏休みの文化祭(8月に開催)

未成年なら出演できる、バンドだけでなく演劇、漫画、プラモデルなど、なんでも発表できる文化祭です。

音楽業界で働く人を招いてのトークセッション(不定期開催)

大手レコード会社の方を招いて、音楽に関わる色々な仕事の話をしました。将来、音楽関係の仕事に付きたいと考える高校生が色々な仕事を知るための足がかりとして企画しました。

エレキギター音作り講座

エレキギターとアンプの基本的な仕組みと、大まかな種類による違い、主要なエフェクターを使った音作りの基礎講座です。

プロミュージシャンの演奏を鑑賞

clammbon モメントツアー 2018 名古屋ボトムラインに行きました。ドラマーの伊藤大助さんありがとうございました。

スタジオセッション会(不定期開催)

テーマの曲を決めて、みんなでスタジオに入る事で部員同士のプレイスタイルを知る為の会です。

チームでの活動

バンドとは別にチームという単位での活動があります。
高校生の時期は色々なタイプの音楽に挑戦してみたいと思います。そこで、「曲を演奏するバンド」は短期的なプロジェクトとして考え、長期的に音楽を知っていく「チーム」というまとまりがあります。


「東三河高校生軽音部」への3件のフィードバック

コメントは停止中です。